食品・医療

マイクロディンプル処理®

お見積もりいたします!お気軽にご相談ください。

マイクロディンプル処理®とは、微粒子をもちいて超高速で
ショットピーニング(衝突法)を行い、表面改質処理をするもの。
目に見えないほど小さな粒子を、金属などの表面にぶつけ凹凸をつけ、
「食品にあわせて目的に応じた表面形状を作る」ことで滑りなど各種お悩みを解決します。

マイクロディンプル処理®の特徴

特徴1食品などの滑りがよくなります

マイクロディンプル処理®により、金属の表面に細かな凹凸をつけ接触面積を少なくすることで、滑らかな表面になります。
さらに小さな凹凸に空気や油が保持されることで無接着に近い状態に。鏡面と比べて約2倍近く緩やかな傾斜で食品などが滑ります。

特徴2付着を抑制します

接触面積を減らすマイクロディンプル処理®。
粉や菓子、麺やパン生地などさまざまな食品が金属にくっつくことを軽減し、付着抑制します。
そのため、例えばホッパーなどに食品が滞留・蓄積して流れない「歩留まり」や、最後にボタっと落ちる通称「ボタ落ち」などの問題を解消します。

特徴3洗浄性が向上します

マイクロディンプル処理®によって凹凸に水が入りやすくなるので離型しやすくなります。また、付着抑制の相乗効果で得た大きなメリットのひとつが「洗浄力の向上」。従来のものより数段、時間短縮の効果が期待できます。
カップ麺用のフライヤーでも実績があります。

特徴4異物混入を防止します

マイクロディンプル処理®は、金属に直接小さな凸凹の表面形状を作り、食品などと金属の接触面積を減らすことで滑りをよくするもの。
形状の変化のみで滑りをよくするため、表面をコーティングする必要がありません。
そのため「剥がれる」ということがなく、異物混入を防止します。

写真素材を入れる

特徴5油の保持力が上がります

マイクロディンプル処理®によって小さな凹凸ができた金属の表面に油がたまる効果があり、保持力がアップ。
フライパンなどで焼き物やフライの焦げつきを抑制します。

特徴6耐摩耗性がアップします

金属の部品が微粒子によって叩かれるため固くなります。例えば、バネをのばすと戻らなくなりますが、あれが固くなった状態。
マイクロディンプル処理®は、それと同様の加工効果でステンレス素材だと約2倍の硬さまで固くなり、耐摩耗性がアップします。
また、滑りもよくなっているのでWの効果で摩耗が減ります。

特徴7表面形状を変えるだけで抗菌が可能に

マイクロディンプル処理®では一般細菌と同等の大きさの凹凸部を形成します。例えばステンレス鏡面の上で、細菌は自由に動き回れますが、マイクロディンプル処理®をしたステンレス上では、形成された凹凸部が邪魔をして自由に移動や運動をすることができなくなります。また、形成される凹凸部がべん毛運動の阻害を引き起こし、細菌が自己損傷を起こすことなどによって、抗菌作用が生じると考えられます。

特徴8国内特許取得済みです

マイクロディンプル処理®は、国内特許を取得していますので、安心してご利用いただけます。
・ホッパー等食品器具へのマイクロディンプル処理®【特許第6416151号】
・ステンレス製メッシュ(ふるい)へのマイクロディンプル処理®【特許第6460490】 ほか

POINT! 滑りがよくなり付着も抑制。
洗浄性も向上し、異物混入の心配もいらず!

マイクロディンプル処理®によってホッパーやシュートなどで商品の滑りが格段によくなります。
また、付着抑制できるので粉づまりなどの問題も解消。洗浄も未処理よりも楽に食品が剥がれるようになります。
さらに、コーティングとは違い表面加工素材の剥がれによる異物混入の心配からもおさらばできます。

マイクロディンプル処理®の実際例

ホッパーの付着抑制

機器の素材
ステンレス
製品
強力粉
強力粉
工場の設計上、緩やかな傾斜のホッパーしか設置できず、粉が落ちないのでノッカーやバイブレーターをつけているけど、音がうるさいし機械が壊れやすい!どうにかしたい!
ノッカーやバイブレーターを外しても滑るようになったので機械が壊れにくくなったし、うるさくないので働きやすい環境になった!

パンを製造する会社より「工場の設計上、緩やかな傾斜のホッパーしか設置できず、粉が落ちないためノッカーやバイブレーターをつけていますが、音がうるさいのと機械を壊してしまうのでどうにかしたい」という相談がありました。
マイクロディンプル処理®は、同じ傾斜の場合、未処理のものとくらべ約2倍の速さで粉を落とすことができます。
処理をほどこした結果、ノッカーとバイブレーターを外しても、小麦粉が滑るようになり生産性が向上したと評価をいただきました。
ただ、肉やパン生地など粘度が高いものは、ノッカー&バイブレーターとマイクロディンプル処理®の両方を併用することをオススメする場合もあります。

ホッパーの洗浄性向上

機器の素材
ステンレス
製品
ナチュラルチーズ
ナチュラルチーズ
ホッパー内にナチュラルチーズがくっついて、そのたびにラインをとめて人の手で洗浄しています。
時間も人件費もロス!
くっつきにくくなり、洗浄に費やす人手も時間も減りました!

「ホッパー内にナチュラルチーズがくっついて、そのたびにラインをとめて人の手で洗浄しています」という工場からのお悩み。
マイクロディンプル処理®により、チーズがホッパー内にくっつきづらくなり、洗浄する回数が減少。
また、洗浄自体もチーズが落ちやすくなったとご報告いただきました。
当初は「チーズを滑らせたい」という要望だったのが、処理後使ってみて特に良かったのが洗浄性の向上で、これまでの1/3の時間で洗浄が完了するのが助かっているとのこと。
また、くっつきづらくなったことで、洗浄をする人手も削減できたことで「人手不足」の問題も軽減できました。

ホッパーの滑り向上

機器の素材
ステンレス
製品
麺
少量多品種を扱うため、一種類の麺を作り終えたらホッパーをその都度洗浄しますが、ホッパーにかなり食品が付着していて、洗うたびに廃棄が出てしまって食品ロスになる!
付着が少なくなったので食品ロスが減り、さらに洗浄時間やそれにかかる労働力の節約にもなった!

麺を製造している工場で「少量多品種でやっています。製造する麺は、それぞれ調味料が違うので、1つの品種を作り終えたら、ホッパーを一度洗浄し、別の品種の作業に入ります。ホッパーに食品が残っていると洗うたびに廃棄が出てしまって食品ロスしてしまいます」という相談が。
マイクロディンプル処理®を行うことで、麺が滑りやすくなり、「歩留まり」も軽減。
結果的に次の麺の製造にとりかかる前に洗浄する際、ホッパー内の麺の蓄積を抑え、「食品ロス」を少なくできました。
また洗浄自体も格段に早くできるようになったと評価をいただきました。

シュートの異物混入防止

機器の素材
ステンレス
製品
パン生地
パン生地
製品であるパン生地は粘着力があるので、より滑るように樹脂テープや樹脂コーティングを使用しています。
ただ、表面が剥がれて異物混入しないか心配です。
マイクロディンプルは剥がれることがないので異物混入の不安がなくなった!

パン工場で生地をシュートで流す際に「粘着力があるので、より滑るように樹脂テープや樹脂コーティングを使用しています。ただ、表面が剥がれて異物混入しないか心配です」という相談がありました。
コーティングしているものはやはり剥がれは心配。
マイクロディンプル処理®は表面処理なので、コーティングは必要なく、剥がれの心配はありません。
処理後は、「異物混入」の心配はなくなったとの評価いたただいております。
パン生地のほかには、即席麺やパスタ麺、化粧品や医療などの工場でも採用しています。

ふるいの付着抑制

機器の素材
ステンレス
製品
小麦粉
小麦粉
ふるいがすぐに目詰まりして、粉が少しずつしか落ちなくなる。その状態で上から小麦粉が入ってくるとまったく粉が落ちなくなり、その都度メンテナンスをする。時間の無駄!
目詰まりしなくなったので、振るう時間が約半分になり、生産性が高くなった!

食品工場にて小麦粉をふるいにかける時のお悩みで「粉が目詰まりして少しずつしか落ちなくなるんです。さらに上から小麦粉が入ってくると飽和状態になって……」という事例がありました。
マイクロディンプル処理®は、粉の付着抑制に大きな効果を表します。
処理後に「もともと1000パイ(直径1m)のふるいで1トンの小麦粉をふるうのに1時間かかっていたものが37分になりました」と生産性の向上に貢献しました。
また、別の企業では小麦粉をふるうのに1時間かかっていたものが30分で完了し、約2倍の速さで粉が落ちるようになったという結果もいただいております。

シュートの滑り向上

機器の素材
ステンレス
製品
飴
シュートで飴の流れが悪いと1個がストップしてしまい、後続の飴と激突。
その際に割れた飴が稀に商品の袋に入ってしまうと、クレームになる!
飴が止まらなくなり定量充填が可能になった。
製品チェックの手間も減りました!

飴を作る工場にて「シュートで飴の流れが悪いと1個がストップしてしまい、後続の飴と激突。そうすると割れてしまうのですが、それを弾ければよいのですが、商品の袋に入ってしまったらクレームになり大変です」というお悩みがありました。
マイクロディンプル処理®により、シュートの接触面積を減らすことで滑りが向上。
付着抑制の効果もあり飴がストップすることを防止でき、定量充填が可能になったという声をいただきました。
飴のほかにも、スナック菓子やグミなどの工場でも同様の問題を解決いたしました。

ふるいの洗浄性向上

機器の素材
ステンレス
製品
香辛料
粉
ふるいに粉が詰まった際にいちいちラインから外して洗浄し、乾かすので時間のロスで困っている。
また水洗いなのでカビも心配!
水洗いが不要なのでカビ問題がなくなり、人手不足の解消や生産性の向上も!

食品工場にて「ふるいに粉がつまるとラインから外して洗浄し、乾かすという工程になります。また水洗いなのでカビも心配です」という悩みがありました。
マイクロディンプル処理®を行ったところ「付着抑制できエアブローで簡単に粉が飛ぶようになったので網の交換の手間がはぶけました。これまで洗浄に人材をかけていたので人手不足の解消と、水洗いが必要ないのでカビ問題も解決。さらにラインを止めなくてもよいので生産性も向上しました」という結果に。

POINT! 結果的に「食品ロス」、「人手不足」、
「生産性向上」の問題を解消!

マイクロディンプル処理®にて滑りがよくなり、付着抑制され、洗浄性が上がる……そのもたらす効果として評価をいただいているのが「食品ロス」、「人手不足」、「生産性向上」などの経営的な問題を解消できたということです。
「歩留まり」や目詰まりするので「食品ロス」がおきます。それを対処するために洗浄したり、つまりを解消する人を配置することで「人手不足」に。
ちょこちょこ停止する「ちょこ停」や、洗浄のためのラインストップなどが発生するため生産性が低下。本来、食品が滑ってしまえば必要がないロスがたくさんあります。
マイクロディンプル処理®は、それらの問題を根本的に解消できる技術として、食品や医療関係などの工場から高い評価をいただいております。

粉体、液体、パッケージなど、あらゆるものの「滑り」を解決します!

食品メーカー様、医療機器メーカー様など、さまざまなお客様から評価をいただいております。
ご訪問してデモンストレーションすることも可能です。
また、ご来社いただけますと弊社にてさまざまなマイクロディンプル処理®のサンプルをご覧いただけます。

※図面に処理箇所がわかるようにご指示ください。

お見積もりいたします!お気軽にご相談ください。

  • 電話によるお問い合わせ 042-707-0776 (営業時間 9:00~18:00 平日) 番号のお間違えがないようにお願いします。
  • FAXでのお問い合わせ 042-707-0779 追って弊社営業担当よりご返信差し上げます。
  • メールによるお問い合わせ  お問い合わせフォーム 必要項目を入力の上、送信してください。
相談・お問い合わせ
ページの
先頭へ