DLCコーティング

DLCコーティングとは?

DLC (Diamond-Like Carbon)コーティングとは、主に炭素と水素で構成される、ナノレベルの薄膜を金属表面にコーティングする技術です。このコーティング層は、非常に薄いにも係わらず硬質な性質を持つため、従来にない低摩耗・高潤滑性をもたらします。
不二WPCでは、DLCコーティングにWPC処理®を組み合わせる技術開発に成功。DLCコーティングとWPC処理®を組み合わせることで密着性を高め、さらにその効果を長期間持続させることができます。

高等研究機関でその優れた性質が証明されている現在、数多く存在する表面処理加工において、最高の技術として認知されつつあります。
不二WPCが開発・特許を取得したこの技術は、低摩擦性・高耐久性・高硬度性・耐腐食性などにおいて、最も高い効果を得ることができる、最新の表面処理技術です。

DLCコーティングのイメージ

イラスト:二硫化モリブデンショットイメージ

愛車のポテンシャルを最高レベルまで引き上げる!
WPC処理®+DLCコーティングで今までにない
高い効果を実感してください!

  • 低摩擦係数 耐凝着性
  • 耐摩耗性(高硬度)
  • 生体親和性
  • 耐腐食性
  • ガスバリア性
  • 赤外線透過性

DLCコーティングの効果

フリクションロスを最高レベルで低減!
愛車の性能全体をレベルアップ+寿命延長する一挙両得の効果

性能アップ実現!駆動系+燃焼系エンジンパーツにDLCコーティングで、愛車のトータルパワーを余すところ無く引き出します!

エンジンの写真

エンジンチューニングをトータルで考える際に重要なのが、エンジンそのものの作動で発生するフリクション(摩擦抵抗)をいかにして減らすかという点です。
DLCコーティングはF1やモトGPなどをはじめとするコンペティション分野でのパワーアップはもちろん、一般の市販車でも燃費と効率を向上させるものとして採用が進んでいます。

  • ピストンの写真
    ピストン
  • ピストンピンの写真
    ピストンピン
  • カムシャフトの写真
    カムシャフト
  • リフタ/ロッカーアームの写真
    リフタ/ロッカーアーム
  • エキセントリックシャフトの写真
    エキセントリックシャフト
  • クランクシャフトの写真
    クランクシャフト
  • ピストンリングの写真
    ピストンリング
  • アペックスシールの写真
    アペックスシール

耐久性アップ!歯車の歯面の当たりをよくして耐久性アップ!

グラフ

トランスミッションやディファレンシャルのギヤは、歯面上に大きな負荷がくり返し加わり、表面の疲労によるピッチング摩耗や、それを起因として破損することがあります。
不二WPCでは、WPC処理®とDLCコーティングのギヤを組み合わせることで、良好な初期なじみ性と高い耐久性を持たせることに成功しました。
写真のスーパーフォーミュラ用ギヤでは、従来頻繁な交換を必要としていましたが、くり返し実戦投入できるようになりました。

  • 写真
  • 写真

性能アップ実現!ダンパーのスムーズな動きを引き出す!

ダンパーの写真

サスペンションで大切なのは路面の凹凸や車両の動きに対して、渋ることなくスムーズに追従することです。特に4輪のストラット式サスペンションや2輪のフロントフォークには曲げ応力が加わるため、摺動部のフリクション低減が重要です。不二WPCのDLCコーティングはスティックスリップを抑制し、微小な動き出しからサスペンション本来の性能をフルに発揮させます。

多くのお客様がWPC+DLCの効果を体感!喜びの声を多く頂いております

多くのレーシングチームや販売店・チューンナップ業者様に採用されております!

処理可能な自動車部品

DLCコーティングは、以下の自動車部品に対して処理を行なうことができます。

  • アペックスシール
    アペックスシール
  • ミッション
    ミッション
  • エキセントリックシャフト
    エキセントリックシャフト
  • バルブ
    バルブ
  • ピストンピン
    ピストンピン
  • ピストンリング
    ピストンリング
  • フロントフォーク
    フロントフォーク
  • リフタ
    リフタ
  • ロッカーアーム
    ロッカーアーム
  • コンロッド
  • ミッション(ギヤ・シャフト)
  • バルブ
  • ロッカーアーム
  • アペックスシール
  • リフタ
  • コーナーシール
  • エキセントリックシャフト
  • ターボチャージャー部品
  • etc…

その他の処理サービス

表面処理についてのご相談やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ戻る
相談・お問い合わせ